NM.element official shopping site
 
◆Leather Item Shop◆
名入れ無料の革小物の専門店 / 本革の小物を中心に厳選したキーケースや財布などを販売しております。
特に、大きめのスマートキーケースが人気となっております。
商品の気になるところ、ご要望等ございましたら、お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。
 


------------------
 



 
------------------
 

 

 
HOME»  ブログ記事一覧»  NM.elementの日常»  名入れ刻印デビュー

名入れ刻印デビュー

名入れ刻印デビュー

こんにちは!
名入れができる革小物専門店、NM.elementのなおみんです。
いつもお読みいただき、ありがとうございます!



今はまっていること:進撃の巨人


 
3月。卒業シーズン到来ですね。

先日ニュースを見ていたら、大阪府立高校の卒業式が執り行なわれたと報道されていました。
今年も卒業記念の記念品のご注文を多数いただいておりましたので、
 
「みんな喜んでくれたかな…」
 
と思いを馳せておりました。
 
昨年はコロナの影響がずっとあり、行事や部活動には制限が出て、
卒業旅行もきっと行くことができなかった学生さんが沢山いらっしゃると思うと、胸が痛みます。
お届けさせていただいた商品が少しでもそんな学生さん達の良い記念の品になる事を願うばかりです。
 
卒業の後には、入学、新生活が待っていますね。
 
なおみんは、昨年の9月頃から、刻印の練習をしておりまして、練習に練習を重ね、
最近になって、ようやく、お客様の商品の刻印ができるようになりました!
 
なおみんのレベルが3上がった!!
 
タラララ!タッタッタ〜♪
※ドラクエのレベルアップでどうぞ。
 
 
当店の名入れサービスは、専用の刻印機を使い、高温で文字の石を熱し、その石をレザーへ押し当てることで刻印を実施する「焼彫」です。
私は、レザーにさりげなく入るこの刻印方法が、レーザー刻印や、箔押しよりも個人的に好きです♪
 
特にナチュラルやキャメルなどに入れた名入れの感じが大好きです。

↓こんな感じ。名入れ名刺入れ

一部の商品は、箔を入れた「箔押し」も実施しております。
オイルレザーのしっとりとした感じに、ピッタリ。
NM.elementスタッフ内では、ネイビーの商品にシルバー箔押しは、「夜空の星」と呼んでいます笑


名入れ箔押し


こちらが実際に使用している刻印機です!!


名入れ刻印

最初は1台でしたが、今では3台になりました(^^)
 
使用できる文字はローマ字(大小)・数字・一部記号となっています。
字体は少し斜めになった感じの「斜体」を採用しています。

名入れ 文字

「筆記体」や「漢字」の文字の名入れをご要望いただくのですが、その分の石を用意しなければならないため、残念ながら、字体やローマ字以外は現在のところ刻印できません。
 
ローマ字と数字だけでこの量!



名入れ 石

ここに漢字が入ったら・・・もはや石のセットに1時間くらいかかるのでは笑
レーザー刻印なら様々な名入れ文字の対応ができるので、もっとお店が成長したら導入したいなぁ…と思っております。導入できるように頑張ります(^^)
 
当店の名入れ商品の刻印は、刻印担当の「あいちゃん」がメインで実施しており、
すごく早くて綺麗な仕上がりが自慢です!
人気の名入れができるスマートキーケースは、殆どのご注文分をあいちゃんが刻印しています。


名入れ担当「あいちゃん」の趣味:お菓子作り

見ていると、すごく簡単に刻印しているように見えていたのですが、
実際に始めてみるとその難しさに驚愕。
 
まさに職人技でした!
 
練習を始めた頃は
「一生出来る気がせん…(-_-;)」
と嘆いておりました笑
 
それでもなんとか出来るようになってきたんですけどね♪
 
実際に練習で名入れをしたキーケースがこちら。
 



名入れキーケース

それでは、名入れの手順をご紹介いたしましょう!
 
刻印手順1:文字の石のセット
 
刻印の最初の手順は、「石のセット」から。
専用のスロットに一つ一つの石を探してセットしていきます。
「Naomin」と刻印する場合は「nimoaN」と文字をセット。



名入れ 作業

最初の練習の時は、しっかり左から読めるようにセットしてしまい、
刻印担当の「あいちゃん」に
 
「違〜〜〜〜う!!」と待ったをかけられました笑
 
 
この石のセットで、下のラインがガタガタだと、文字もガタガタになるので、微調整が必要。石の具合で、同じ文字でも違うものと変えたら綺麗にラインが揃うこともあります。
 
刻印する時の温度は、商品によって異なりますが、一番人気のスマートキーケースに名入れをするときは、110度です。結構熱い…
なおみんが刻印できるようになった商品の中で一番温度が高いものは財布で、170度です!!
 
火傷をしてしまうので、手袋二重にはめて作業をしています!
 
 
手順2:商品の平行と位置調整
 
この手順が、なおみんの一番苦手な手順。
名入れのキーケースなら、縦の糸と文字が直角になるように刻印します。
中に木を入れて、刻印箇所をできるだけ平らに整えます。
キーケースの表面がでこぼこだと、文字をまっすぐにセットしても、文字が歪んでしまいます。


名入れ 作業

刻印機に平行を取れるように、当て木をセットしています。
当て木とキーケースが平行なるようにセットするだけなのですが、
商品によって、厚みやファスナー部分の膨らみが異なり、まっすぐにするのが一苦労。
真っ直ぐになったと思って、刻印をしたら、めちゃくちゃ斜めになっているのです(>_<)
 
商品自体にゆがみがある場合は、あえて少し傾けなければならず、その角度調整が、

いわゆる
職人の「勘」です。

革を縫っているのでそもそもが、真っ直ぐな商品なんて無いんです。
本当に難しい…
 
セットできたと思ったら、いざ次の手順で力を加えた時に、抑えの手がほんの少し動いてしまい、斜めになってしまったり。
 
一度、私の刻印がセットは出来ているはずなのに、なぜか斜めになってしまうことがあり、原因究明のため、チャーリーとあいちゃんの二人掛かりで、私の刻印手順を見てもらったことがあるのですが、
セット完了し、いざ押す時になって二人から
 
「ずれた!」
 
と言われました笑

本人に自覚がないほど、抑えの手に力が入り、ちょっぴり動いただけで、キーケースがずれてしまい、正しい位置に刻印ができないのです。
 
奥深い…
 
 
手順3:焼き付け
 
石のセット、温度がOK、商品の位置調整が完了すると、あとは押すだけ。



名入れ 作業

と思いきや、押す力、商品に石を当てている時間など、これもまた、職人技。
 
なおみんは、フツーに押していると、左側に少し力がかかっているようで、左の文字が濃く入り、右の文字が薄く入る傾向が見られました。

均等に力を加えるのも、また難しい。
 
同じキーケースでも、微妙な革の厚みや質の違いで、力加減を変えないと、全然入らなかったり、深く入りすぎてしまったり…
 
押し終わって、刻印機からキーケースを持ち上げる時が、毎回ドキドキ。
 
なおみんの魂は何度も体から脱走してしまいました。
 
 
一つのキーケースに名入れするのに、こんなに大変なのか!!
 
あいちゃん、神!!
 
と崇めました。
 
 
名入れをすると、お客様自身も、愛着が湧くと、ご好評いただいておりますが、名入れを実施している私たちも、一つ一つ石をセットし、商品の状態を確認し、その商品ごとに位置調整や力加減を変えているので、名入れ商品にすごく愛着が湧きます。
 
どんな人が使ってくれるのかなぁ…
 
気に入ってくれるかなぁ…
 
思いを巡らせながら自分が刻印をした商品が旅立つ時は本当に感無量!
 
オーダーメイド商品を作っているチャーリーはもっとその気持ちが強いと思います。
 
お届けする商品を少しでも永くご愛用いただけることを心から願っております。
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます!
たくさん練習して、刻印の達人になれるよう、頑張ります!!

2021-03-09 17:23:20

NM.elementの日常   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
 

初めてのお買い物で不安… この商品のこともっと詳しく知りたい… そんな時はお気軽にお問い合わせください。 
 

営業時間
10:00~16:00
定休日

水曜・日曜・祝日

 
072-343-1447
お問い合わせフォーム
誠に勝手ながら、新商品や新サービスの開拓等の関係で
営業時間を短くしております。
何卒、ご理解とご協力をお願いいたします。